MENU

いろいろと気遣いは必要

初めて子供を生み、初めて子供を育てるとなると苦労が絶えないでしょう。次から次へと悩みが出てきて困らされることも多いと思います。

 

子供には大人の常識が通用しません。そのため突拍子もない行動をすることがあります。

 

例えば自分の子供と一緒に外出をする時。手を繋いで並んで歩く…とても微笑ましい図ですが、外を歩くのなら気をつけなければならないことがあります。

 

それは“子供を道路側に立たせない”です。「たかが歩くくらい」と思うかもしれませんが、

 

小さな子供ですとまだ車の危険性を理解しておらず注意力が不足しています。ふいに体を動かして道路に出てしまうかもしれません。

 

もしかしたら、道路に向かって転んでしまうかもしれません。

 

車の通りが少なければ問題ありませんが、もし運悪く車が走って来たらどうでしょうか。取り返しのつかない事態が起こる可能性もゼロではないのです。

 

なので道路側に立つのは必ず大人にし、わが子の行動を見守ってあげて下さい。

 

そういった“子供への些細な気遣い”は子供を守り、そしてさらに子供へと受け継がれていきます。

 

いずれは自慢ができるような、立派な子供へと育つでしょう。